CALENDAR  ENTRY  COMMENTS  CATEGORY  ARCHIVE  LINK  PROFILE 

一定期間更新がないため広告を表示しています

- - -
評価:
西川美和
バンダイビジュアル
(2007-02-23)

昨年放映された『ディア・ドクター』の西川美和さんが脚本・監督をされたものだということで
気になっていた作品なのですが、ちょうどこの間深夜にテレビで放送されていました




東京で写真家として成功した弟・猛と田舎で実家のガソスタを手伝う兄・実、
という正反対の兄弟をオダギリジョーさんと香川照之さんが演じています。


一見順風満帆な日常が、二人の幼なじみの死により一変します


その死に関わる兄弟の間の違和感が、裁判を通して弁護士(蟹江敬三さん)と
検察官(木村祐一さん)が一つひとつ整理していく様子がすごく気持ちいいです。




当初は互いのためにかばいあっているかのように見えた兄弟の様子が徐々に変化し、
最終的になぜ弟は嘘の証言をし、兄を有罪に貶めたのか。


以前香川さんがTBSの『A-STUDIO』に出演された際、司会の鶴瓶さんが言っていた
「実のあのなんともいえない笑顔のあとバスで見えなくなる・・・」
というラストシーンを特に期待しながら観ていましたが、


最後の最後に一瞬見える兄の笑顔の気味の悪さ。
同時に気持ちよさや切なさを含んだ、まさに「なんともいえない笑顔」の意味。


ストーリーもさることながら、香川さんの狂気的にくるくる変わる表情が恐ろしく
目が離せません。




それから私自身人より長けたセンスなどは持っていないんですが、そんな私でも
1シーン1シーン、画面構成の美しさに魅了されました。


赤い風船、さびたブランコ、活け作りの鯛の目。


すべての画面においてすべての物の色、質感、位置、意味が
ばっちりはまっていて、視覚的にもかなり楽しみました!






観ている最中もあとも、ずっと息苦しく頭の中がぐるぐるしっぱなしです。
気持ち悪さと変な気持ちよさを残された作品でした。


しかもそれらがかなりしつこいので、バイトの前とかに観なくて本当に良かったと思いましたが
逆に暇な日にみてしまってまんまと洗脳されて頭痛が止みませんでした・・・(笑)




しかしだからこそまた観たくなってしまうかも。
お気に入りの作品が増えました☆

movie comments(0) trackbacks(0)
- - -








この記事のトラックバックURL: http://chaussures.jugem.jp/trackback/167
<< NEW | TOP | OLD>>